過去のイベント

学習会「安全性能基準に向けて ~交通事故防止技術の現状と課題~ 」ご案内

投稿日:2011年2月1日 更新日:

学習会 ご案内 安全性能基準に向けて ~交通事故防止技術の現状と課題~

クルマがもたらす迷惑・被害に対しては、その迷惑・被害の発生を抑制するように①規制し、
それでも尚残る迷惑・被害に対しては相当金額を②課税し、
その税をもとに迷惑・被害を被る人に③補償する
政策(あるいはその代替策)を講じるべきと考えます。
今回の学習会は①規制に関わる企画です。

クルマの排気ガスによる喘息被害に対しては、(PM2.5 についての排出基準がまだ決めら れていないなど十分とは言えませんが、一応)ガスの排出基準が決められ規制されています。
しかし交通事故被害に対しては、クルマ自身に対する見るべき規制は何ら為されていません。
クルマ自身のハードな性能として衝突予防、制限速度遵守、信号遵守、飲酒運転防止の 機能を装備すべしという規制はなされていません。
本学習会においては、衝突予防、制限速度遵守、信号遵守、飲酒運転防止などの技術に ついて、企業・行政の取り組み状況を概観し、規制基準策定の展望について考えたいと思います。

主催: クルマ社会を問い直す会
報告者: 杉田正明 世話人
日時: 2011 年2 月20 日(日) 2:00~4:00
場所: ムーブ町屋 ミニギャラリー
東京都荒川区荒川7-50-9 センターまちや 4F
・地下鉄千代田線 町屋駅 0番出口より 徒歩1分
・京成線 町屋駅より 徒歩1分
・都電町屋駅より 徒歩1分
参加: 会員以外も自由
参加費: 無料

-過去のイベント

Copyright© クルマ社会を問い直す会 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.