会の活動 通知・会員のみなさまへ

2022年度活動が始まりました

投稿日:

クルマ社会を問い直す会は4月16日に総会を開催し、2021年度活動報告、決算および2022年度活動計画、予算を決定し、新年度体制を確認しました。
詳細については会報108号(6月末発行)でお知らせします。
今年度の会活動へのご参加、ご協力をよろしくお願いします。

総会で承認された2022年度活動計画です。
◆新年度の活動の基本方針
1) 人命優先、歩行者優先の道路交通政策を求める。
2) 人の移動の安全と平等、環境保全、地域活性に重要な公共交通網の推進政策を求める。

◆新年度の具体的活動テーマ
1) 自動車の安全走行、歩行者被害防止に関わる技術の開発と装備義務化を求める。(担当:佐藤、榊原)
2) 自動運転の法制化動向を注視し、必要に応じて適宜行動する。(担当:榊原茂典)
3) ペダルの踏み間違い問題対策として、事故防止装置の提案と普及に取り組む。(担当:南平次、小島 啓)
4) 運転免許制度を考える。(担当:足立礼子、安彦守人)
5) バイク・自動車免許取得年齢を20歳以上にする研究と活動。(菊池和美)
6) 歩車分離信号の普及に取り組む。(担当:佐藤清志、小島 啓)
7) 子どもにとって安全な道作りを考える。(岡田百合香)
8) 地域の交通安全協会との協働を考える。(菊池和美、足立礼子)
9) 自転車利用について考える。(担当:冨田悦哉、稲見正博、小路泰広)
10) 地方ローカル鉄道・バスの問題に取り組む。(担当:林裕之、安彦守人、小島 啓)
11) SDGs 持続可能な開発目標実現の上で重要な地球温暖化防止と自動車利用の関連を訴える。(担当:林裕之)
12) 車に頼らない暮らしの提案と推進。(菊池和美)
13) クルマの所有と利用を減らすために、自動車関連税などの強化について検討する(榊原茂典、小島 啓)
14) 交通犯罪の法解釈を考える。(担当:足立礼子)

◆問い直す会の基本的組織運営(担当者は総会前時点のもの)
1) 年4回の会報の発行。(6、9、12、3月)(足立礼子、林裕之、岡田百合香)
2) Zoom利用によるミーティングの実施・運営(担当:青木 勝)
3) メーリングリストの運営・情報意見交流の促進。(担当:安彦守人)
4) ホームページの運営・内容の整備。(担当:冨田悦哉、平間健嗣)
5)ブログ「クルマ社会を問い直すブログ」、YouTube「人にやさしい道&交通」の内容拡充。(担当:平間健嗣)
6) Facebook、Twitterを会の情報発信に活用。発信登録者の増加と発言促進。(維持管理:榊原茂典、安彦守人、冨田悦哉、上田晋一、岡田百合香)

◆継続して行う活動
1) 国連が2005年に定めた国際デー「世界道路交通被害者の日」の啓発活動を行う。
「世界道路交通被害者の日」キャンペーンを大阪で開催する。(担当:青木 勝)
「世界道路交通被害者の日」の集い(東京)を会で後援する。(担当:未定)
「世界道路交通被害者の日 北海道フォーラム」(札幌)を会で後援する。(主催・担当:前田敏章)
2) 有志運営のブログ『脱クルマフォーラム』、『歩行者の道』により会員の主張を発信。(維持管理:安彦守人、冨田悦哉)
3) 社会情勢に対応して声明、意見書、要望書、パブリックコメントなどの提出。
4) 講演会・学習会の開催(オンライン等を含む)。
5) 他団体との交流の促進。

◆実施をしたい活動
1) 地方でのミーティングの実施。
2) 主要政党への要望、面談申し入れ。
3) 自動車メーカー、自動車の安全装置メーカー、研究機関等との面談。

-会の活動, 通知・会員のみなさまへ

Copyright© クルマ社会を問い直す会 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.