「クルマ社会の課題と会の見解」 一覧

狭い道

クルマ社会の課題と会の見解

事故のリスク責任は誰に

 2019年4月に池袋で起きた暴走事故(事件)。正しく横断歩道を渡っていた母子に、猛スピードで車が突っ込み、2人の命を奪ってしまいました。このような悲惨な事故は絶えず繰り返されています。ドライバーの皆さんは、人身事故がどのくらい起きているかご存じでしょうか。自動車損害賠償責任保険の実績によれば、19年には約100万件超の支払いが発生しています。交通事故は身近なもので、もっと運転の危険性(リスク)を意識する必要があると思います。

沿線風景で鉄道ファンに人気の高い千葉県の小湊鉄道も、鉄道事業は厳しいと聞く

クルマ社会の課題と会の見解

公共交通は国が支えるもの

世の中には車を運転できない人が大勢います。まず普通自動車免許が取れるのは18歳からなので、17歳以下の人は運転できません。6歳~17歳の人口は、6歳以上人口の11%を占めます。(2019年。1人で移動できる年齢を6歳以上とみなしました)次に、高齢になり運転能力が低下して運転できない人、運転を控える人がいます。6歳以上人口に占める80歳以上人口の割合は9%です。

クルマ社会の課題と会の見解 会の活動 関連団体の活動

クルマ社会を問い直す視点からSDGsを考える

SDGsの実践はクルマ社会の克服につながる可能性があります SDGsとは SDGsとは「Sustainable Development Goals(=持続可能な開発目標)」の略称で、2015年の国際サ ...

クルマ社会の課題と会の見解 会の活動 関連団体の活動

ビジョン・ゼロの視点で交通安全対策を

《ビジョン・ゼロとは》 「ビジョン・ゼロ」は、道路交通システムにおける死亡・重傷事故をゼロにすることを目標とした、交通安全思想・運動です。1970年代にスウェーデンから発祥して、今ではEU各国や他の国 ...

クルマ社会の課題と会の見解

クルマ社会とは クルマ社会を問い直す

クルマ社会 ~過度なクルマ依存~ クルマ社会(車社会)は、人の移動手段、物の輸送手段が自動車に過度に依存している社会です。 単に移動方法が自動車に依存しているばかりでなく、自動車の便益を維持・拡大させ ...

クルマ社会の課題と会の見解 クルマ社会の諸相 会報より 記事セレクト 資料・データ・研究報告

図表でみるクルマ社会の変化(2020.9)

図表でみるクルマ社会の変化 目次 Ⅰ.交通事件(事故)状況 Ⅱ.道路交通状況 Ⅲ.公共交通・貨物輸送 Ⅳ.環境への影響 Ⅴ.交通犯罪と刑罰 ここには、主に平成年間を中心としたクルマ社会の変化を、国が発 ...

クルマ社会の課題と会の見解 提言・提案・意見表明

クルマ社会を問い直す会の政策要望一覧2021

クルマ社会を問い直す会は2021年の衆議院選挙に際し、会の政策要望を示して公開質問を行いました。政策要望一覧を再掲します。 クルマ社会を問い直す会の政策要望一覧(2021年10月8日) 1.交通政策基 ...

クルマ社会の課題と会の見解 会報・会の発行物

クルマ社会を考えるパネル

会では、さまざまな機会に、クルマ社会について考える写真を主としたパネルを作成・展示しています。 2013年9月に作成した新作10枚をご紹介します。 *パネルは、A1サイズの発泡ボードに貼りつけ、ビニー ...

クルマ社会の諸相

カーフリーデー

2011/04/28   -クルマ社会の諸相

■カーフリーデー■ 後藤 昇 カーフリーデー(PDFファイル) 1.カーフリーデーとは  カーフリーデーとは、都市の一部もしくは全部において自動車の通行を禁止し(公共交通であるバスなどは例外にできる) ...

クルマ社会の諸相

土地区画整理事業と子どもの遊び場環境―公園づくりが奪う子どもの遊び場

2011/02/28   -クルマ社会の諸相

■土地区画整理事業と子どもの遊び場環境―公園づくりが奪う子どもの遊び場■ 菊池和美 土地区画整理事業と子どもの遊び場環境―公園づくりが奪う子どもの遊び場(PDFファイル) 1.土地区画整理事業とは   ...

Copyright© クルマ社会を問い直す会 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.