関連団体の活動

許容できる1年間の交通死者数は「0人」。ビジョン・ゼロの参考になる動画の紹介

投稿日:

 あなたがもっとも受け入れられる1年間の交通死者数は何人だと思いますか?
 今世界で道路交通システムにおける死亡・重傷事故をゼロにすることを目標とした、交通安全思想・運動「ビジョン・ゼロ」が広がりを見せています。

 このページでは、オーストラリアのビクトリア州の公的団体TACが作成したビジョン・ゼロについて知るための参考になる動画をご紹介します。

動画「失ってよい人など誰一人いない - 路上の男性 - ゼロに向けて」

 次に掲載するのはオーストラリアのビクトリア州の公的団体TAC(Transport Accident Commission Victoria)が作成した動画「There's no one someone won't miss - Man on the street - Towards Zero」です。
 年間の交通死者数は0人しか受け入れらないということを伝える内容の動画です。

 今世界で取り組まれている「ビジョン・ゼロ」では死亡・重症事故をゼロにすることを目標としています。
 日本の社会を見ればとてつもないほど多くのクルマが走っており、年にいくらかの交通死傷者が発生するのは仕方ない、と思ってしまう人もいるかもしれません。
 しかし、以下の動画を観ると交通死傷者は「0人」しか受け入れられないことが実感を持って分かるでしょう。

There's no one someone won't miss - Man on the street - Towards Zero

動画の日本語訳の一例

There's no one someone won't miss - Man on the street
交通事故で失ってよい人など誰一人もいない

聞き手)
So last year,213 people died on our roads.
つまり、昨年は213人が交通事故で亡くなっているのです。
What do you think would be a more acceptable number?
もっとも受け入れられる数字は何人だと思いますか?
男性)
Um, acceptable? 70, maybe. Probably 70.
ええと、許容範囲? 70人かな。70人くらい。
聞き手)
Can you send 70 ?
70人くらいなら“仕方ない”と思えますか?
Actually this is what 70 People looks like.
実は「70人」はこんな感じなんです。

<男性の家族など70人の人々が登場>

男性)
That's my family.
僕の家族だ。
聞き手)
So now what do you think would be a acceptable number ?
では、あらためて許容範囲の人数はどのくらいだと思いますか?
男性)
Zero. Zero.
ゼロだ。 ゼロです。
<テロップにて>
Zero. The only number we should accept.
「ゼロ」 我々が受け入れるべき唯一の数字

TOEARDS ZERO - TAC

-関連団体の活動

Copyright© クルマ社会を問い直す会 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.