会の活動 提言・提案・意見表明

選挙カーのスクールゾーン進入禁止免除規定を廃止し、スクールゾーン進入禁止を徹底することを求める要望書

投稿日:2010年9月27日 更新日:

クルマ社会を問い直す会の関連団体「歩行者の安全を求める議員連盟」では 2010年9月27日、「選挙カーのスクールゾーン進入禁止免除規定を廃止し、スクールゾーン進入禁止を徹底することを求める要望書」(総務省自治行政局(選挙担当)宛) を提出いたしました。

選挙カーのスクールゾーン進入禁止免除規定を廃止し、スクールゾーン進入禁止を徹底することを求める要望書

2010年9月27日(月)

総務省自治行政局(選挙担当)御中

「歩行者の安全を求める議員連盟準備会」
(略称 歩行者議連)

選挙カーのスクールゾーン進入禁止免除規定を廃止し、スクールゾーン進入禁止を徹底することを求める要望書

 日頃、公正な選挙実施へご努力ありがとうございます。現在、児童の交通安全のために、通学児童の多い通学路は、朝7時~8時半、居住車・許可車以外の一般車両進入禁止の「スクールゾーン」に指定されています。
 しかしながら、選挙カーは、進入禁止から除外されてしまっています。これは「児童の安全より選挙優先」とする施策です。
 私たちは「歩行者の安全を求める」ことを議会から訴えていこうとしているものとして、自身が関わる選挙において、「児童の安全より選挙優先」とされてしまうことを看過できません。
 ぜひ、児童の交通安全を最優先し、選挙カーのスクールゾーン進入禁止免除規定を撤廃し、選挙カーにもスクールゾーン進入禁止を徹底することを強く求めます。

「歩行者の安全を求める議員連盟準備会」(略称 歩行者議連)
連絡先 朝倉幹晴(船橋市議)
中尾智一(横浜市議)
藤田みちる(横浜市議)
猪股美恵(川崎市議)

-会の活動, 提言・提案・意見表明

Copyright© クルマ社会を問い直す会 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.