会報より 記事セレクト 行動・参加の報告

八王子市の「歩車分離信号要望署名」ご協力のお礼とご報告

投稿日:2020年3月31日 更新日:

 会報97号に同封の別刷りプリントでお伝えしましたが、東京都八王子市の「高尾・浅川地域のまちづくりを考える会」(以下、「考える会」)が昨年夏頃から、東浅川交差点の歩車分離信号化の要望署名活動に取り組んでおり、本会も共同呼びかけ団体となりました。そこで、皆さまにも署名用紙を同封してご協力をお願いいたしました。

 「考える会」事務局長の斉藤千恵子さんによると、9月27日に303筆、11月7日に956筆、12月16日に1763通、合計の3022筆の署名を東京都知事に提出したそうです。12月の署名提出時には、「命と安全を守る歩車分離信号普及全国連絡会」代表で、問い直す会会員でもある長谷智喜さんの意見書なども添付したとのことです。

 問い直す会の皆様にもご協力をいただき、誠にありがとうございました。遠くの地から励ましの言葉を添えて署名をお送りくださった方も複数いらしたそうで、斉藤さんもお礼を言っておられました。

 斉藤さんは、「署名に込められた数々の思いは、警視庁も絶対無視することはできないと確信します。」と言われています。要望に対する動きは2月初め時点ではまだ不明ですが、また動きがあればご報告いたします。

会報『クルマ社会を問い直す』 第99号(2020年3月)

-会報より 記事セレクト, 行動・参加の報告

Copyright© クルマ社会を問い直す会 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.